2015/10/02

今日のポジション(10/02) vs その後

ドル円
2015年10月2日朝 また119円台後半。
レンジ
下限(119円近辺)、
上限(120円台から121円あたり) 

強力に作用しており、なかなかレンジ相場から脱することができない

2015年9月後半は119円を一度も割れない = 下限(サポート帯)が非常に強力
2015年10月1日円安への動きが簡単に失速して、上限(抵抗帯)も相当強力で重い
売買ジャッジから察せられる相場のモメンタムはやや上向きながら、徐々に弱まっている
今年の米ドル円相場の特徴は「値動きが小さくて過去最低水準」
今年このまま「過去最低水準の値動き」で終わるよりは、年末までに、ひと波乱ある(上下どちらかに大きく動く)確率のほうが高い

トルコリラ
世界的には対円相場よりも、対ドル相場での急落に注目
一方的なトルコリラ下落が続いてきた
USD/TRY=3.00の水準をしっかり割り込んで戻れるかどうかが目先のポイントになります。