2015/10/08

今日のポジション(10/8) vs その後

NZドルなど高金利通貨  ぐいぐい上昇中

8月の
暴落後、初めて79円台を回復
本日以降、80円の大台を回復することを期待

トルコリラ円もじりじりと上昇
10月7日 1カ月以上ぶりに41円台に乗る場面もありました。
10月8日 朝 40円台後半の水準

経済ファンダメンタルズの観点
10月8日 トルコの鉱工業生産が発表される予定

もともとトルコの政治の混乱が原因で、トルコリラが大幅下落してきて、
先月はさすがに鉱工業生産など経済指標も一部に鈍化している傾向が見られました。
もし反転していれば、経済には不安は少ないということで、好材料になるかもしれません。

米ドル円 相変わらず重い

今週は1ドル=120円50銭あたりまで上昇する場面もあったのですが、
昨夜はまた120円を割れるなど、今朝も120円を挟んだ水準です。

米ドル円の単独分析において「120円台~121円あたりの水準に強力な上値抵抗帯が位置している」
為替相場全体で「これまでの過度な米ドル高が修正される局面に転換した可能性がある」
→米ドル円の上値を抑えていると考えられます。

下方向は、
119円台がポイントになっており(大きく見れば、先月以降のレンジの下限近くの119.0円近辺、細かく見れば119円台後半もポイントのひとつ)、そのポイントを割り込まない限りは、ずるずる円高にいくこともないかなといった状況です。逆にいえば、割り込めば、要警戒