2015/10/15

今日のポジション(10/15)  とその後 感想

米ドル円、「嵐の前の静けさ」から「本物の嵐」へ?
あまり値動きがなかった米ドル円相場について今週始め、「いずれ大きな値動きが生じる」「嵐の前の静けさ」と表現しました。
10月12日の予測ですね
http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/52101672.html
引用
最後に米ドル円。相変わらず、のらりくらりで1ドル=120円を中心とした緩慢な値動きが続いています。いずれ大きな値動きが生じるであろうとの見方は変わりません。「嵐の前の静けさ」といってよいと思います。
上方向は120円台が強力な抵抗帯になっており、下方向は119円台がこれまた強力なサポート帯になっています。
上方向にブレイクすれば年初来高値を超えるくらい急伸し、下方向にブレイクすれば年初来安値を下回るほど急落すると思われます。今のうちにどちらかにヤマを張って、逆方向に抜ければすぐにロスカットする戦術もありますし、あるいは、どちらかへ動き出してから追随する戦術も考えられます。

今週始めは1ドル=120円台で安定していたのが、今朝は118円台まで急落しています。

投資マニュアルのテクニカル分析の観点では、米ドル円は下向き(円高)を示唆するシグナルが出ています。しかも、比較的大きな下落圧力が蓄積されていると考えます。
具体的には、8月の急落時の安値でもある116円なども節目になりやすいですが、しかし、その安値をも下回り、115円を割れて、114円台に突入する可能性が比較的高いと考えます。
私の分析でも似た感じのターゲットは出ているのですが、3倍枠が点灯していない点が気になります。

トルコリラ円 1リラ=40円台
NZドル円
今朝も1NZドル=80円台で堅調です